血糖は早く下げましょう

薬にはリスクもあります

聴診器

血糖値が高い状態が続いたら、少しでも早く下げる必要がありますが、その方法に運動療法や食事療法があります。
しかし、これらの方法だけでは思うような結果が得られないことも多いので、経口糖尿病薬を医師は処方します。
小岩の糖尿病の専門医でも対応は同じになるので、糖尿病の疑いのある人、または既に糖尿病になっている人は、医師の指示に従って、経口糖尿病薬を服用し、血糖値が降下するように努力してください。
経口糖尿病薬にはいくつか種類があり、それぞれの副作用の出方は異なっていますが、全体的な特徴を見てみましょう。
まず、種類ですが、スルフォニル尿素薬、DPP4阻害薬、インスリン抵抗性改善薬、α−グルコシダーゼ阻害薬、ビグアナイド薬などがあります。
それぞれ、インスリンの分泌を促したり、インクレチンというホルモンを強めたり、インスリン受容体の働きを促したり、糖質の吸収を抑えたり、食欲を低下させたりなどの作用があるのです。
副作用については、低血糖症状が最も注意すべき項目となります。
一部には低血糖が起きない薬もありますが、低血糖になると、手足の震え、動悸、脱力感などに悩まされ、ひどい場合には昏睡状態に陥ることもあります。
そのほか、薬にもよりますが、腹部膨満感、肝機能障害、かゆみ、発疹、食欲不振などの危険性にはよく気を配り、もし何かあった場合にはすぐに医師に相談してください。
小岩にも糖尿病の専門医はかなりいるので、薬と副作用の関係についてわからないことがあったら、いつでも相談してみましょう。
また、小岩にあるどの医師も副作用の出方には目を光らせています。
いつもと違う症状が出たら、遠慮なく申し出て、薬を変えてもらうか、適切な対処法を教えてもらってください。
また、糖尿病の専門医でなくても、小岩に数多くある内科治療院でも糖尿病の適切な治療と対処をしているので、定期的な健康診断を受けるようにしましょう。

中年以降は要注意

医者

江戸川区の小岩には、糖尿病外来を備えた病院が数々ありますので、健康診断で血糖値を指摘された場合はもとより、糖尿病かも知れないと感じている時は、小岩の何れかの病院で検査を受けましょう。
糖尿病は合併症も含めますと種類の多い病気ですが、大多数の方で発症するのが2型の糖尿病です。
2型の糖尿病は、太っている人が発症しやすいのが特徴となっています。
ただし現在は普通の体重でも、過去に肥満だった場合は発症しやすいため、注意が必要です。
年齢的には男性が40才以上、女性は50才以上の方が、糖尿病になりやすくなっています。
そして、糖尿病の要因は遺伝ともされており、身内にこの患者がおられる場合は、発症リスクが高くなるのです。
さらにストレスや運動不足によっても発症リスクが上がりますので、家族に糖尿病の人がおられる際は、特に健康的な生活を心掛けましょう。
また、甘い物を取り過ぎれば糖尿病になるとも言われていますが、それは正しくなく、砂糖を取らなくても、お米や小麦粉を取り過ぎた場合でも、発症リスクが跳ね上がります。
もちろん砂糖も良くないのですが、炭水化物も主原因のため、ご飯や麺類、並びにパンなどを食べ過ぎないようにしましょう。
糖質である炭水化物は、沢山食べるほど食後に血糖値が急上昇しますから、ご飯をおかわりしたり、ご飯と麺類を一緒に食べるなど、炭水化物の重複摂取を行うことで、一層危険性が増します。
ですから中年以降の人で、それらの食生活が続き、ストレスや運動不足でもある場合は、小岩の外来で診てもらった方が安心です。
採血や採尿などの検査で調べてくれますから、小岩の病院へ向かう時は、ある程度尿をためておくと良いかも知れません。

放置するリスクを知ろう

病院

慢性的な運動不足と高カロリーな食事で、現代人の多くが生活習慣病を患っています。
しかし、その自覚症状は無きに等しいものです。
健康診断で指摘される事があっても、症状が気にならないのであれば危機意識も薄く、忙しさから放置する方も多くいらっしゃいます。
ですが生活習慣病の真の恐ろしさは合併症にあります。
放置する事で深刻な合併症を引き起こし、気がつけば時すでに遅し、という事例も多数あるのです。
東京都の小岩駅周辺には、生活習慣病を専門に扱う医療施設が多くありますので、一度診察してもらう事をお勧めします。
生活習慣病には、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの種類があります。
小岩の専門病院で診察すれば、どの病気の危険があるか調べてくれるでしょう。
高血圧と脂質異常症の合併症には、脳梗塞・心筋梗塞などがあります。
命に関わる深刻な合併症がほとんどですので、何より早期発見することが重要です。
糖尿病の合併症には、糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症などがあります。
いずれも長期の闘病を余儀なくされる、患者の人生を大きく狂わせる厄介な病気ばかりです。
糖尿病性神経障害は、手足のしびれや痛みに始まり、次第に感覚の欠如や自律神経の障害に発展します。
糖尿病性網膜症は、目の出血や白斑に始まり、最終的には失明に至ります。
糖尿病性腎症は、腎臓の働きに障害が起こり、人工透析を受けないと生きていけない状態に陥ります。
小岩の専門病院で検査を行えば、恐ろしい合併症を未然に防ぐ事ができます。
小岩駅から徒歩数分のエリアに病院がありますので、もし治療が必要となった場合でも、無理なく通院する事が可能です。