手遅れになる前に

予備軍の方も必見です

看護師

通常、人体はでんぷんなどの炭水化物を分解した時にブドウ糖を生成します。
糖尿病とは、このブドウ糖を適切に利用できなくなる状態を言います。
ブドウ糖の利用にはインスリンが欠かせません。
インスリンは膵臓から分泌されますが、糖尿病になるとこの分泌が少なくなります。
ブドウ糖が分解されないまま血中に残るので体内のブドウ糖の濃度(血糖値)が上昇します。
その結果、体内の水分が著しく失われやすくなり、動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞、足の壊疽などの症状を引き起こすリスクがあります。
JR小岩駅近くのクリニックにはこうした糖尿病専門のクリニックが数多くあります。
小岩駅から徒歩で行ける距離にありますので、小岩駅に立ち寄りやすい方にはお勧めです。
どのクリニックでもインスリン注射や食事療法、フットケアなどの体制が充実しています。
まずは電話で予約を入れてから通院するようにしましょう。
受信当日はこれまでの糖尿病の治療経過や健康診断の結果などを持参すると適切な診断の助けになります。
その後、採尿や採血などの検査を受けて医師の問診という流れになるでしょう。
糖尿病の進行具合にもよりますが、インスリン注射で一時的に血糖値を下げても根本的な解決にはなりません。
やはり普段の食事で塩分、脂肪、糖分を上手にコントロールしバランスの良い栄養摂取を心がけましょう。
健康診断で糖尿病予備軍と診断された方も一度、受信することをお勧めします。
小岩駅に立ち寄る機会があれば、検討してみるのも良いでしょう。

対策法は運動と食事

聴診器

現代社会において危惧されている病気の一つが糖尿病です。
高血糖からくる病気の一つで、疲れやすくなったり体がだるくやる気が出なかったりします。
原因は糖質の摂りすぎや運動不足です。
ほかにも肥満傾向の人が糖尿病予備軍の可能性があるとも言われています。
症状だけみると大したことないと感じるかもしれませんが、糖尿病の恐ろしいところは症状ではなく高血糖状態が長く続くところです。
放置すると合併症による弊害が起こることもあり危険です。
糖尿病はやり方次第で発症を防ぐことができます。
予防に必要なのは体に入った余分な糖分を出すことと、糖質の摂取を控えることです。
糖質というと砂糖に多く入っていると考える人が多いですが、実は米やパンなどの甘くなさそうな物にも含まれています。
しかし、米やパンは主要なエネルギー源のためまったく食べないという訳にはいきません。
そのため食べる量を抑えます。
かねてから腹八分と言われるように食事の量を適量にすることで摂取する糖質の量を抑えます。
予防には運動も大切です。
代謝が活発になり糖質の消費が早まります。
予防策を尽くしても糖尿病になってしまったら相談相手を探しましょう。
探すなら小岩がおすすめです。
糖尿病は早期の改善が必要です。
食事の管理や薬の定期的な服用などやることは多くあり、いずれも専門医の指導が必要です。
小岩の病院であれば土曜日や休日も診察を行うところが多いため、時間を作ることは容易です。
加えて駅からすぐの病院があったりと小岩は交通の便も良好です。
数も30カ所くらいあり、小岩であればいい相談先が見つかることでしょう。

妊娠中はなお厄介

ドクター

現代病の一つに糖尿病があります。
おいしいものがたくさんある現代では、つい度を超えて食べてしまうことがある分、一層注意すべき病気だと言えます。
小岩の病院では自分が糖尿病かどうかを知ることができます。
小岩の先生が自分の血液から血中糖度の具合を調べてくれます。
糖尿病の予防とはつまるところ血糖値を正常に保つことでもあり、そのためには指標となる現在の血糖値を知っておく必要があります。
気になる人は血液検査を申し込んでみましょう。
女性ではとくに妊娠中の人、あるいは妊娠の可能性がある人は糖尿病に注意が必要です。
糖尿病は胎児にとっては悪影響です。
母体の血中糖度が適切でなければ、胎児の発育不順や過剰な発育が起きます。
その結果、巨大児や奇形児が生まれるリスクが上がってしまいます。
血糖値が高い人は、なるべく妊娠が発覚する前から糖尿病対策をすることが推奨されています。
というのも対策は主に食事療法のため、栄養の摂り方が大きく変わる妊娠後では調整が難しくなるからです。
小岩にもいわゆる妊娠糖尿病の検査や相談を受け付けている病院があるため、一緒に対策を考えてもらうことができます。
気を付けたいことは妊娠前は大丈夫だから妊娠後も大丈夫とはならないことです。
実は妊娠糖尿病は妊娠した後に発覚するケースもあります。
妊娠中は糖質を分解するインスリンの働きが不安定になります。
その結果、妊娠中の食事で摂った糖分をうまく分解できず発症してしまうということが起きます。
一番厄介なのは自覚できる症状がほとんどないことです。
発見にはやはり病院での検査が欠かせません。
小岩のドクターに協力してもらい、早期発見に努めましょう。