高血糖値の方が受ける検査

放置すると病気の原因に

困る人

会社の健康診断などで血糖値の高さを指摘された場合、生活習慣病の専門外来への早期受診をお勧めします。
東京都江戸川区の小岩には、生活習慣病を専門に扱う医療施設があります。
血糖値が高いだけであれば生活に差し支えるような身体症状がないため、診察を受けずに放置する方も多数いらっしゃいます。
しかし放置することは糖尿病の発症に繋がり、更には様々な合併症を引き起こす結果となります。
糖尿病は完治するまで時間のかかる慢性型の生活習慣病であるため、発症しないに越したことはないのです。
小岩には糖尿病を専門に扱う、評判のよい病院がありますので、一度受診される事をお勧めします。
診察にて行われる検査は、尿糖値測定、血糖値測定、血中インスリン測定など、様々な種類があります。
尿糖値測定では、尿内のブドウ糖濃度を測定します。
血液中のブドウ糖濃度が高くなりすぎると、腎臓で処理しきれなくなり、尿にまで糖分が混じるようになるのです。
手軽に行える検査であるため、糖尿病のふるい分けとして活用されています。
血糖値測定では、血液中のブドウ糖の濃度を測定します。
糖尿病検査の基本であり、発症の有無を調べたり、治療の指標となる情報を収集する事ができます。
血中インスリン測定では、インスリンの濃度、分泌能力、活性状態などを測定します。
インスリンは、血中のブドウ糖を全身の細胞に運ぶ役割を担っています。
食事の前後にてインスリン測定を行う事により、どのタイプの糖尿病を発症しているか判定する事ができます。
以上のような検査は、小岩の専門外来であれば全て行う事が可能です。
小岩駅より徒歩数分にあるためアクセスしやすく、万が一通院が必要になった場合でも問題ありません。

疾患をセルフチェック

カウンセリング

糖尿病には自己チェックの方法があり、小岩で医療機関の受診を決定するときにも役立ちます。
平成17年に糖尿病対策推進協議会で作成したリーフレットに掲載されているように10の設問で確認することができます。
血糖値が高いと言われたことがある方や家族歴のある方、高血圧の治療中や肥満気味の方、40歳以上の方や外食の機械が多いこと、野菜はあまり食べず運動もあまり取り入れていないなどの項目が掲載されています。
会社にお勤めの方は定期的な健康診断で、糖尿病のリスクを発見することができますが、企業の健康診断を受けない方は糖尿病の発見が遅くなる可能性も指摘されています。
小岩で医療機関を定期的に受診していると万が一糖尿病の傾向が出ても発見が早いですが、健康で医療機関を利用していない方は発見のチャンスが少ないと指摘されています。
セルフチェック方法を用いて自己管理するほか、小岩の医療機関で健康診断を活用するなどの工夫が推奨されています。
糖尿病を予防したり治療するには、小岩の医療機関での通院も役立ちますが、自分でチェックしていると重篤な症状を回避する可能性も高くなるでしょう。
合併症のリスクを減らすことにも繋がるので、糖尿病における早期発見はとても重要なことです。
さらに、糖尿病の自覚症状も知っておくと、小岩で医療機関を使った健康診断を受けるきっかけづくりになるでしょう。
自覚症状が出にくいと言われていますが、体調の変化にも注意しておくと安心です。

膵臓や肝臓の機能

病院内

小岩駅周辺には糖尿病の治療を行っている病院が複数あります。
小岩駅周辺の病院なら検査や食事療法、入院など自分にあった予防や治療を受けることが可能です。
糖尿病の治療を考えている方や検査を検討している方に小岩はオススメの地域です。
小岩での糖尿病の治療を検討されている方に糖尿病の原因となる血糖値と膵臓、肝臓の働きについてご説明します。
糖尿病の原因のひとつとして血糖値を調整するインスリンを分泌する膵臓に障害が起きた場合が挙げられます。
インスリンがうまく調整できなくなると高血糖の状態になり、尿から排出される糖の量が多量となります。
頻繁に喉が乾く、倦怠感などの症状が起こります。
合併症として腎機能の低下や失明、心筋梗塞などが起こり危険です。
インスリンを分泌する膵臓の機能が低下する原因は、糖分の高い食生活やアルコールの多量摂取などによる膵臓への負担です。
適度な運動により代謝を促したり、ブドウ糖の多い食事やアルコールを控えるなど食生活に気をつける事で膵臓への負担を軽減し、糖尿病を予防することができます。
また、膵臓の他にも肝臓が糖尿病の原因となる血糖値と関わりが深く、肝臓の代謝機能が下がる事により糖質が増え、高血糖になる場合もあります。
この場合は肝硬変を合併して起こすこともあります。
糖尿病は膵臓だけではなく肝臓とも関わりが深い病気です。
一般的には食べ過ぎや飲み過ぎなどが原因であることが多く、肥満気味のケースが多数ですが、インスリンの不足により糖尿病になることもあるので注意が必要です。
血糖値を調整する肝臓や膵臓の病気になったことが原因となり、糖尿病になる事もあります。