遺伝と血糖値の関係

生活習慣で防げる

診察室

両親とも糖尿病である人は、かなりの確率で糖尿病にかかることがわかっています。
小岩の医療機関では、親子や兄弟が相談に訪れるケースも見かけられます。
ただし糖尿病の遺伝子というのは存在せず、かかりやすい体質が遺伝するだけです。
かかりやすい体質とは、インスリンの分泌量が少なかったり、効き目が薄かったりする体質です。
糖尿病には1型と2型があり、遺伝子によってかかりやすいタイプが異なっています。
欧米人は1型にかかりやすく、日本人では圧倒的に2型が多いと言われています。
小岩で治療を受けている方も、大部分が2型で、もともとインスリンが少ないと考えられます。
欧米には肥満体の人が多いのに糖尿病が比較的少なく、日本人は痩せていても糖尿病にかかる方が数多くいます。
これは日本人が伝統的にカロリー少な目の食生活を送ってきたため、あまりインスリンを分泌しないように進化してきたと解釈できます。
そのため脂肪や糖質の多い食生活をすると、体がうまく対応できないわけです。
糖尿病にかかりやすい体質かどうかは、小岩でも遺伝子検査で調べることができます。
ただし、かかりやすい体質であっても、必ず発症するわけではありません。
かかりやすいと診断されたら、日頃から高カロリー・高脂質の食事を避け、適度な運動とストレス解消に努めることが大切です。
そして少しでも異常を感じたら、早めに小岩のかかりつけ医を受診し、適切なアドバイスを受けましょう。

症状について知る

相談

糖尿病はブドウ糖のコントロールが上手くいかなくなり起こる病気です。
膵臓から分泌されているインスリンが不足すると血糖値が上がり糖尿病になります。
糖尿病の原因としては偏った食生活や運動不足が挙げられます。
糖尿病は症状が進みひどくなると合併症を併発し、命の危険もあります。
早期発見して治療をするためには初期症状をよく知ることが大切です。
糖尿病の主な初期症状としては、尿の量が増えたり、喉が乾くようになったりします。
尿の量や回数に変化が出るのは、ブドウ糖を排出するために尿の量が増えて喉が乾くようになるという症状が起こるからです。
さらに、尿から糖分が出るようになります。
疲れやすくなったり、だるくなったりするのも糖尿病の初期症状である可能性があります。
血糖値が上がると、エネルギー不足が起こり、倦怠感が出るようになるからです。
脳の血液が不足することもあるので手足のしびれや立ちくらみが起こり、自律神経が乱れることもあります。
めまいが起きたり、ふらつくようになったり、手足が痺れるなどの症状が起きた場合も糖尿病の初期症状の可能性があるので注意が必要です。
糖尿病の初期症状が現れたら検査を受けることが早期発見につながります。
小岩には糖尿病の検査を行なっている施設が多数あります。
食事療法のアドバイスや通院、入院なども小岩の病院で行なっているので、治療や予防を検討している方に小岩はオススメです。
小岩は定期的に検査を受けて予防したいと考えている方にも適したエリアであると言えます。

2つのタイプに分かれます

ナース

生活習慣病の1つ、糖尿病は、近年成人の発症率が急激に上がっています。
成人が罹患する糖尿病は、2型と呼ばれるタイプが圧倒的に多く、ストレスや食習慣などが原因です。
こちらの2型糖尿病は、膵臓の働きが弱りインスリンの分泌量が低下するのが1つの病症となりますが、インスリンが分泌されていても各臓器の反応が悪いと、結果的に効き目が悪くなり、糖尿病の状態に陥ります。
大人に多い2型に対し、子どもにも多く見られるのが1型の糖尿病です。
こちらの1型の場合は、膵臓の機能低下が著しく、常にインスリンを補って治療を行うことが必要です。
1型、2型ともに、糖尿病の治療ではインスリンのコントロールがカギを握ります。
糖尿病の治療を行うに当たって大切になるのが、長く通える病院を見つけるということです。
インスリンのコントロールが出来るようになるまでは、頻回の通院が求められてきます。
従って、かかりつけ医を持つのが糖尿病をスムーズに治療するための近道です。
小岩の駅周辺を利用している方は、数軒の病院の中から糖尿病の治療が出来る施設が選べます。
小岩駅の近くは、個人経営のクリニックから総合病院までがそろう地域です。
診療時間などを比較して、小岩で通院しやすい病院を見つけておけば継続的な利用がしやすくなります。
インスリンを使った治療は、カスタマイズが必要になってきますので、専門医の居る病院を選んだ方が正確な判断が得られます。
小岩周辺には、糖尿病治療を看板に掲げるクリニック、病院があり、治療中の方にとっては非常に便利なエリアです。